膀胱炎は市販薬で治せないそうです

ボーコレン、猪苓湯(ちょれいとう)、腎仙散(じんせんさん)。

これらは、膀胱炎のための市販薬だそうです。膀胱炎の市販薬なんてあるんですね。

個人的には、膀胱炎イコール泌尿器科というイメージが強かったので、とても意外に思うと共に、ちょっと不安にもなりました。

なぜなら、膀胱炎はそもそも泌尿器科にかかるべき病気だからです。

そんな病気が、市販薬で本当に治るのでしょうか?

その点が不安になって、ちょっと市販薬について色々と調べてみたのですが、一応、市販薬でも膀胱炎は治るとのことでした。

しかし、全ての膀胱炎が治るという訳ではなく、初期症状の内は、と言われているそうです。やっぱり、市販薬が、泌尿器科でちゃんと処方してもらうような薬に、敵う訳ありませんよね。ただ、実際のところは、そう単純な話ではないみたいです。

なんでも、市販薬と泌尿器科の薬では、根本的な成分からして違うのだとか。具体的には、泌尿器科から処方してもらう薬は、膀胱内で繁殖した細菌を退治してくれる、抗生物質となります。

それに対して、市販薬はあくまで排尿を促し細菌を体外に排出することで症状の改善を図る、利尿作用を持つ漢方成分なのだそうです。そのため、市販薬は、意識的に排尿を多めにすることで治癒できる段階、つまりは初期段階の膀胱炎にしか効かないとのことです。

膀胱炎を何度も繰り返していると、兆候がわかってくるので、それに合わせてこうした薬で利尿作用を促すのはとても効果的なのかもしれませんが、既に悪化してしまった後では、即効性が期待できないので、もう少し万能性の有る薬を市販出来るようになってくれればありがたいですね。