アタマジラミの集団感染は学校のプール多い?

小学校のプール学習が原因でアタマジラミの集団感染が発生した、という記事を、数年に1回くらいのペースで私は見かけます。

(私が知らないだけで、毎年そうしたトラブルが一定数発生しているのかは分かりませんが)そのため、個人的には、アタマジラミの集団感染は学校のプール学習で生じることが多い、というイメージを持っています。

では、アタマジラミの集団感染が発生する場所は、なぜ学校のプールが多いのでしょうか?

言い換えれば、なぜ学校以外のプールでは発生しないのでしょうか?

また、水を媒介としてアタマジラミが他人に感染するなら、プールだけでなく、温泉施設でもあり得るはずですよね。その点を疑問に思って調べてみたところ、自分が、アタマジラミの感染経路について大きな誤解をしていたことが分かりました。

なんでも、アタマジラミは水を介して他人に感染することはほとんど無く、感染経路は接触が主なのだとか。具体的には、たくさんの人がロッカーや脱衣カゴ、タオルを使いまわしたりしているから、アタマジラミも自ずと広まってしまうみたいです。

となると、アタマジラミの集団感染が学校のプール学習で多いのは、普通のプール施設や温泉施設と違って、衛生管理があまり十分じゃないからなんですね。

アタマジラミの駆除も毛ジラミと同じように、髪の毛を全て剃って丸坊主にすれば、早く治療することが可能ですが、スミスリンシャンプーを使うことで成虫と幼虫を退治することも出来るようです。

髪の毛を切ることの難し女の子などには、スミスリンの方が良いですね。